肉とロックを融合させたイベント「肉ロックフェス」

HG026_72A

多くの人で賑う

川越まつりも熊谷うちわ祭も、どちらも伝統的なイベントでした。
ここでは伝統的なイベントからは一旦離れ、新しく始まったいま注目を集めているイベントについて紹介します。
ここで紹介するのは、まだ過去数回の開催しかされていないにも関わらず、100万人弱の動員に成功した「肉フェス」です。
肉フェスは様々な国や地域の肉料理が集まるイベントで、普段は食べる事ができないような肉料理も楽しむことが出来るとして多くの人が訪れるイベントとなっています。

第一回は5日間で30万人弱を動員し、あまりの人の入りに翌年からはスケジュールを11日に伸ばして開催されるようになりました。
第二回には42万人、そして第三回には話題が広がり93万人という非常に多くの人が訪れるイベントへと成長しています。

さて、そんな肉フェスですが、実は肉料理を楽しむことが出来るというだけではありません。
もちろんそれだけでも魅力的なイベントではあるのですが、もう一つ「音楽」を楽しむことが出来るというのも魅力の一つとなっています。
肉フェスにおいては様々なロックも楽しむことが出来るようになっています。
というのも、会場となっているのが埼玉スーパーアリーナのすぐ近くということもあり、すぐそばで開催されているロックフェスで楽しむことが出来るようになっている、というものです。

アクセスなどの情報

それでは、肉フェスに参加したいという人に向けて、どのようにアクセスをすれば良いのか、ということについて紹介します。
これについては地図があった方がわかりやすいと思うため、地図のURLも記載しておきます、そちらもご覧になって下さい。
>>http://nikurock.jp/access.html

肉フェスが行われるのはさいたまスーパーアリーナのすぐ近くにある「けやきひろば」という場所です。
この場所への最寄り駅となっているのは「さいたま新都心駅」で、ここからはほぼ歩く必要もなく到着することが出来るようになっています。
もう一つアクセスに使える液として「北与野駅」があり、こちらからは徒歩7分ほどの距離です。

ちなみに最寄り駅であるさいたま新都心駅までは東京駅からでも約30分ほどであるため、東京から参加したいと考えている人に取っても参加しやすいものとなっています。
一応駐車場もありますが、あまりスペースが大きいわけではないため自家用車では入れない可能性があります。
できれば公共交通機関を利用してアクセスするようにした方がよいでしょう。

ちなみにチケットは通常販売価格で6900円、イベントタオルが付いている特別チケットなら9800円となっています。
ロック・フェスとしても楽しむことが出来ると考えると、高額な料金ではありません。